相手から聞いた目的が本当かどうか

今回は、どうして不倫サイトで見つけた人妻の情報を知っておく必要があるのかお話したいと思います。私が今からお話しすることは全て大切なことですので、忘れずに頭に入れておいて下さい。
1.相手の女性は既婚者なのか:相手の女性がもし結婚しているのであれば旦那さんや子供の悩みを抱えている人が多いですので、どうしても自分が聞き役になってしまうかと思います。私も不倫みたいな状況になったり旦那さんにばれたりしたことがありますが、結構大変でした。後から大変なことに巻き込まれないようにするためにも、初めに情報を集めておいた方が良いというわけなのです。

2.空いている時間帯:人妻なら昼間が暇だと思いますし、学生なら夜が暇だと思いますので、そこをきちんと知っておかないと相手を誘うのは難しいでしょう。お昼なら昼食や映画を見るのも良いですが、夜ならカラオケなどの方がいいですもんね。自分が誘う時にはできるだけ断られたくないかと思いますので、相手の目的は何なのか把握しておくことが大切になります。しかし、相手の目的を聞くというのはそれ程簡単なことではありませんが、絶対に必要なことです。どういうことかというと、相手の女性が「メル友」を目的にしているのか、「彼氏や不倫相手」を目的にしているのか、「セフレ」を目的にしているのかということです。

男性の出会いというのはほとんどがエッチに結びつくかと思いますが、女性の場合はそうとは限りません。もしかしたら、おやじ狩りにあう可能性もありますので、相手から聞いた目的が本当かどうかはわからないのですが、メールでの雰囲気で判断するしかないでしょう。ほとんどの男性はメールのやり取りの中で自然に聞いているとは思いますが、相手の住んでいる地域はどこなのかということも知っておいた方がよいでしょう。

もし不倫することになるようであれば、あまり近い地域に住んでいるとまずいと思いますが、セフレだと近い地域に住んでいた方が良いですよね。これも、相手が本当のことを言っているかどうかはわからないのですが、とりあえずは聞いておきましょう。せめて、今回お話した情報くらいは集めておかないと、会う約束をしたとしても失敗に終わってしまうことがあります。次回は誘い方について説明していきたいと思います。

いい部分悪い部分がある

不倫した人の話によると、結婚していない男の人と不倫をしたいという場合、いい部分悪い部分があるといいます。
いまからその知り合いに聞いたいい部分の話をしましょう。なぜ不倫をしたか、それぞれでしょうけど
あちらが結婚していないなら、相手の周りの人のことは気にすることしなくていいと思います。

付き合っている人が
妻帯者なら、自由に男性と遊ぶことは無理でしょう。遊びに行った先で自分の知り合いに会わないかとかは
考えなくてもいいでしょう。相手が結婚していない不倫の場合で、自分が既婚者の場合ちょっと
話が違ってきます。自分の生活圏内では遊びたくないでしょうし、友人などにも見られたくないはずです。

ですが相手が結婚していない場合、比較的自由な時間があるでしょうから相手に頑張ってもらいましょう。
既婚者との不倫は相手の家族などにも気を使わなくてはいけませんし、女性側の家族もあわせて
不倫サイトで不倫がバレないようにするのは結構面倒です。
男性が未婚の場合、既婚者との不倫よりも、面倒が少なく心配事もあまりないようです。
自身の周りの人にバレないようにするだけですから気楽でしょう。しかし既婚者同士の不倫は気苦労も
リスクも2倍でしょうから、心配のし過ぎでストレスが貯まるかもしれません。

不倫にはいいところ、悪いところがあるでしょうが、どれだけ楽しめたかで男性との不倫の評価が
いい体験か、よくない体験か決まるのでしょうね。男性が結婚していない場合、自分が離婚しても
また最初から付き合えると思うので、そのへんは既婚者よりも面倒がなくていいですね。

知り合ったJDの情報を知っておいた方がいい

さて!なぜ、不倫サイトで知り合ったJDの情報を知っておいた方が
良いのか説明していきますね。
これから記載する事はどれも大切な事なのでよーく覚えてください。

、女の子が既婚者なのか?
もし既婚者なら旦那や子供について悩みなど詳しい事を聞く必要があるのね。
僕の知ってる範囲でいうと状況的に不倫みたいな感じになって大変な思いしたり
旦那に気付かれてそりゃ〜もう苦労したんですよ。
なので、後でとんでもない事にならないようになるべく情報を集めておいた方が
困らないんです。

2、空いている時間帯だけど、これは既婚者の場合なら当然、昼間の方が暇だろうし
逆に学生なら夜の方が時間取れるからね。
この辺をしっかり把握しておかないと誘うにも誘えないですから。

昼に誘うならランチや映画になるし夜なら飲みに行ったりカラオケにしたりと
行ける場所が違うですからね。

誘った時に断られないようにする方法はJDがどんな「目的」なのか?
知っておく必要なんですよ。
ただ、これを聞き出すのはなかなか手間がかかるけど絶対に知る必要があるんです。

JDが求めているものはなんなのか?これが大切!
ただの「メル友」なのか。それとも「彼氏や不倫相手」が欲しいのか。
もしくは「セフレ」を探しているのか・・・・。
男にとっては会う=エッチなんだけどJDの目的なんて分からないですから。

それに会うまで分からない事もあるだろうしね。
今は当たり前になってきたオジサン狩りの可能性もあるわけだしね。
目的を聞いたところで必ずしも本当の事かなんてJDにしか分からない事だし。
こればっかりは、JDとのメールのやり取りでしか判断する事が出来ないです。

話の流れでだいたいの人は聞いてると思うけど、JDが何処に住んでるのか
把握しておかなくてならないのです。
不倫なら距離があった方が何かと良いと思うし逆にセフレなら近くの方がラッキー
ですよね。
まぁ、実際は本当に住んでるところなのかなんて分からない事だけど確実に行ける範囲の
場所なのか確かめておく必要があります。
最低でもこれくらいはJDの事を知ってから誘わないと会う約束が出来たとしても
失敗する可能性があるんですよね。
次では、どんな誘い方がベストなのかお話していきますね。

誰にもバレずに相手を探す事ができます

出会い系サイトには実に様々な種類があります。
独身の男女の為の出会い系サイト、同性愛者の為の出会い系サイト、
電話エッチの為の出会い系サイト、などなどです。
もちろん、不倫の為の不倫サイトもあります。

不倫相手を探す場合、この不倫の為の出会い系サイトを使用する事をお勧めします。
誰にもバレずに相手を探す事ができますし、
同じ目的を持つ、たくさんの人の中から相手を探す事ができるのです。
しかも、不倫の為の出会い系サイトにも色々な種類のものがあり、自分の用途にあったものを選ぶ事ができます。

例えば、メールでのやり取りで相手を探す不倫専門の出会い系サイト、
メールのみではなくチャットやブログを使用して相手を探す不倫専門の出会い系サイトなどです。
普段の生活では出会いがないので、出会い系サイトを使用するしかないけれど、
いきなりメールを送るのが嫌だという人もいますし、
面倒な事は何もいらないから、素敵な人とすぐに出会いたいという人もいますよね。

そんな利用者のニーズに合うように不倫の為の出会い系サイトも、このように進化し続けていますので、
自分の用途にあったものを使用して、楽しんで相手を見つけてください。
ちなみに、メールには文字制限がありますが、ブログやチャットにはありません。
たくさんの事を書く必要がないとう場合はメールのみでもいいかもしれませんが、
自分をたくさんアピールしたいという場合は、ブログやチャットを使用するのもいいかもしれませんね。

また、相手の事を深く知るのにも、ブログは役立つ事でしょう。
実際会う前に、相手の事を少しでも多く知っていると会話もはずみますし、上手くいく確立があがるそうです。

たまには癒されたいと望んでいるのかも

逆援助交際を望む熟女はお金を持っている女性ですが、どうゆう女性が逆援助交際をするのでしょうか?
まず、逆援助交際をする熟女の中で最も人気が高いのがシングルセレブです。シングルセレブとは仕事で役職につく女性実業家です。
そして、未婚の女性なので、自分のためにお金が使え、自分のために時間が使えます。
仕事に忙しくて恋人はいないけど、たまには癒されたいと望んでいるのかもしれません。

当然、そういった不倫サイトの熟女は逆援助交際を望む男性の間で格好のターゲットなので、競争率は高くなり、シングルセレブの相手の男性に求める
要求も高くなるでしょう。シングルセレブが望む男性は自分の隣に並べて見劣りのしない男性です。

つまり、教養があり、女性をもてなすマナーがある品格のある男性です。
品格とは決して、相手の男性にも実業家であるとか、セレブであるとかそういった事を望んでいるわけではなく、
高級なレストランでの食事のマナーや、相手の女性を退屈させない話術、そしてセックスアピールも重要なポイントです。

そして、シングルセレブの次に人気が高いのが既婚セレブです。
こちらは結婚している女性なので、不倫関係になります。当然周囲にバレない慎重さが求められます。
逆援助交際をする女性はセレブに限定される訳ではありません。男性に奉仕するのが好き、若い男性を可愛がりたいという女性も
逆援助交際を利用します。こういった女性があなたのターゲットになる女性です。
相手を知れば、攻略法も自ずと見えてきますよね。

攻略法が変わってきます

メールでは相手の性格によって攻略法が変わってきます「せっかちさん」「ゆるほわさん」の攻略法を以前紹介しましたが、今回のターゲットは
「生真面目さん」です。「生真面目さん」と「きっちりさん」は混合されてしまいがちですが、生真面目さんはモラルを重んじる人で
「きっちりさん」は時間や生活のリズムが規則的な人の事をいいます。まぁ、多くの人が生真面目なきっちりさんの両方を兼ねているのかもしれません。

そして「生真面目さん」はその性格の真面目さから日常生活に疲れていて、その疲れを癒したい、自分を理解してくれる人に出会いたいと
不倫サイトを利用しています。そのため生真面目さんとの関係を築きたい場合は悩みの解決が出来る人や話の聞き上手な人が向いていると思います。

そして、あまりに生真面目すぎると生きていくのは大変なので、少し息抜きの仕方も伝授して肩の力を抜く手伝いをしてあげましょう。
しかし生真面目さんはモラルを重んじる人のわけですから、モラルが低い人は嫌いです。息抜きの方法も
「家の外で生き抜きすればいいんだから不倫してみれば?」などと言うアドバイスでは、嫌われてしまうので、
「森林浴をするとマイナスイオンで気持ちいいらしいよ」などと、モラルに反しない範囲内での生き抜きの方法を教えてあげましょう。

気をつけたいのは生真面目さんには生真面目さんの価値観があり、それを大切にしています。
そのため価値観を頭ごなしに否定するのは絶対に止めましょう。例えば生真面目がゆえに損をしていたり、人間関係が上手くいっていない様子を
客観的に見ていると、もっとこうしたらいいのに・・・・、そんなやり方無意味だと思う事もあるかもしれませんが、
性格はそんな簡単には変わりません。生真面目さんには生真面目さんのやり方や考え方があるので、それは受け入れた上で
強制ではなく、こうゆうやり方もあるのを知っておいてとアドバイスするのがいいでしょう。

生真面目さんは付き合いの上でも、真面目に付き合ってくれるので、ちゃんと恋愛したい、恋人が欲しいと思っている人にはいい相手ですね。
しかしその生真面目さから、浮気は絶対に許してはくれなさそうですね。

もっと常識的な考え方が必要なのかも

JDの頃に援助交際をしていた不倫サイトの女性の体験談です。女性は現在結婚し子供が1人いています。彼女は若い頃に働いていた職場の飲み会で
酔っ払い上司とホテルで一夜を過ごしました。その時に上司からお金を渡されました。それって援助交際?と女性が思ったのは正解で、
その後もその上司との関係は続きました。上司は既婚者で家庭を壊す気は全くなく、不倫や浮気という感じではなく、援助交際でお金の割り切った関係を
望んでいたようです。そのため彼女の方も仕事の一環として援助交際をしていたようですが、当時はお金がもらえるし、その上司とのセックスに
対しても特に抵抗も感じなかったようです。

援助交際は彼女が会社を退職するまで続きました。
しかし、抵抗がなかったはずの援助交際に抵抗が出てきたのは、今の結婚相手と知り合ってからです。
援助交際していた事実をもちろん、夫には言わずに援助交際は今ではしていないのですが、夫に悪い事をしたという気持ちがあるそうです。
そして、彼女は結婚し子供をもつようになり、その子供が女の子のため、こんなふうに考えるようになりました。
もし、彼女の子供が将来援助交際をしたらどうするか?「絶対に許せない」と。

彼女は自分は援助交際をしていましたが、若気の至りという言葉では簡単には片付けられません。
援助交際をしていた事を後悔し、自分の子供には絶対にさせたくないと思っています。
常識的な考え方ですが、援助交際していた当時はまだ常識的な考え方が身についていなかったのでしょう。
援助交際をする少女達はまだ子供です。本当は援助交際をする男性側にもっと常識的な考え方が必要なのかもしれませんね。

男性はその言葉に甘える事にした

逆援助交際で年上の女性と付き合った事がある男性の体験談です。男性は最初逆援助交際に登録した時は自分と同世代の女性と逆援助をしたいと
考えていたようです。しかし、逆援助、つまり経済的に余裕のある女性はある程度年齢がいっている年上の女性の登録が多いのが一般的です。

男性の元に届いたメールも男性より10歳以上年上の女性からでした。男性は年上の女性と付き合う事に若干の迷いはあったようですが、
逆援助してくれるのなら、女性とセックスをしてお金がもらえるのなら・・・・という気持ちでその女性と付き合うようになりました。
そして、その女性と定期的に会う関係になると、その女性が既婚者で、不倫をしている事にも気づきましたが、
女性の方が男性に対して心配する必要はないと言ってくれたので、男性はその言葉に甘える事にしたそうです。

2人の関係はとても割り切った関係で、年上の女性に最初は抵抗のあった男性も今では考えを改め、年上の女性は恋愛経験が豊富で
付き合いやすいという事が分かってきました。
そして、慣れたというと言葉は悪いのかもしれませんが、男性は今では女性であれば誰でもいいという気持ちでいるようです。

ストライクゾーンが広い方が不倫サイトでの出会いも増えるのは間違いありませんが、女性には誰でもいいと思っている事を
バレないようにだけ気をつけて欲しいですね。女性は誰でもいいと思っている男性には興味はありませんからね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ